【世界一周予定者必見】タイで格安の予防接種を受けられる件について

こんにちわ、くろシロです。

今日は世界一周中のバックパッカーなど
長期で途上国を訪れる予定のある人にとってとても嬉しい情報をまとめてみました。

バックパッカーの間ではかなり有名なんですが、

タイのスネークファームに併設された病院で予防接種をすると
日本の5分の1のお金ですべての予防接種を受けられるんです。

金額にすると
日本で10万円以上かかる予防接種が2〜3万円くらいで済んじゃいます(笑)

(もちろんタイのワクチンも全部本物ですのでその点はご安心ください)

もし日本の予防接種が保険適用対象だったら
タイで打つのと変わらない金額になりますが、

残念ながら現在の医療制度では保険適用外のため、全額自己負担です(泣)

お金で命を守れるなら10万円は高くないかもしれませんが、
安く抑えることができるならそれに越したことはありませんよね。

ということで、
そんなスネークファームの場所と営業時間から紹介していきます。

スネークファームの場所と営業時間

グーグルマップで以下の地図を利用すれば、とても簡単にたどり着けます。

電車で行く場合は、Sam Yan駅またはSi Lom駅に行きましょう。

どちらの駅からも歩いて5分ほどで着きます。

 

こんな西洋風の見た目の建物です。

ちなみにグーグルマップで示されているように
この施設の正式名称は「Queen Saovabha Memorial Institute」です。

ただ、併設されている毒ヘビの研究施設(見学可能)の方が有名なため
バックパッカーの間では「スネークファーム=予防接種」として知られています。

スネークファームに行きたいと言えば地元の方にも伝わります。

 

曜日 営業時間
月〜金 8:30〜16:30(12:00〜13:00はお昼休み)
8:30〜12:00
日曜、祝日 休み

[aside type=”warning”]タイの祝日を事前に調べてください
タイの祝日は日本とは異なりますので事前に調べておきましょう。
わざわざタイまで来たのにやってなかったら大変です(泣)
[/aside]

衛生面について

上記写真に書かれているように、
この病院は赤十字系で病院内部もとてもきれいに保たれています。

海外で予防接種と聞くと
衛生面が気になるという方もいると思いますので内部の写真も何枚か貼っておきます。

大きい建物というわけではありませんが、しっかりと整備されています。

 

受付も日本の病院と大差ないですね。

 

ちなみにワクチンは、奥に見える冷蔵庫の中でしっかりと温度管理されていました。

 

僕が買った黄熱病のワクチンです。

 

このようにワクチンの温度管理までしっかりしていますし、

注射器も針も未開分の新品でした。

使い回しもしません。

 

またこれまでに数え切れない数の日本人がこの病院で予防接種を受けていますが、
感染症にかかったという話は聞いたことがありません。

もちろん、私もかかりませんでした。

 

ワクチンの品質と病院の衛生面について、心配する必要はないと思います。

必要なもの

  • パスポート
  • 現金5000バーツほど

 

これだけです。

予約をする必要はありません。

 

途上国渡航に必要な予防接種

さて、
スネークファームで格安の予防接種を受けられるわけですが、
そもそもどんな予防接種を受ける必要があるんでしょうか。

僕は今回ミャンマーに赴任するにあたって、
以下の6つの予防接種を受けました。

ちなみに、
タイに行く時間がなかったのですべて日本で受けました、、、超高かった(号泣)

ワクチン種類 必要接種回数 時期
狂犬病 3回 当日、1週間後、1ヶ月後
A型B型肝炎混合 3回 当日、1ヶ月後、6ヶ月後
DPT(破傷風・ジフテリア・百日咳混合) 1回 当日のみ
MMR(麻疹・風疹・おたふく風邪混合) 1回 当日のみ
日本脳炎 1回 当日のみ
狂犬病 1回 当日のみ
腸チフス 1回 当日のみ

 

世界一周に行かれる方は、
アフリカの国々に入国するために黄熱病も受けておきましょう。

1回打つだけで終わりますし、スネークファームでイエローカードもちゃんともらえます。

日本で接種するといくらかかる?

僕は大学生の頃にスネークファームで黄熱病の予防接種を受けました。
そして今回ミャンマーに赴任するにあたって、東京の病院で上記の6つの予防接種を受けました。

タイに行けば安くなることは知っていたんですが、時間がなく、、、

泣く泣く東京で大金を支払ったんです(泣)

そのときに僕が東京で実際に払った金額を載せておきます。
(黄熱病は日本で受けていないので参考値です)

ワクチン種類 単価 接種回数 合計
狂犬病 8,000円 3回 24,000円
A型B型肝炎混合 13,000円 3回 39,000円
DPT(破傷風・ジフテリア・百日咳混合) 9,700円 1回 9,700円
MMR(麻疹・風疹・おたふく風邪混合) 12,000円 1回 12,000円
日本脳炎 6,500円 1回 6,500円
腸チフス 9,700円 1回 9,700円
黄熱病 12,000円 1回 12,000円
合計 112,900円

 

10万円超えです!

高すぎる(泣)

タイで接種するといくらかかる?

ではお待ちかね。

スネークファームの予防接種代です。

【2018年8月レート】1円=3.3バーツで計算しています。

ワクチン種類 単価 接種回数 合計
狂犬病 350バーツ(1,155円) 3回 1,050バーツ(3,465円)
A型B型肝炎混合 1,150バーツ(3,795円) 3回 3,450バーツ(11,385円)
DPT(破傷風・ジフテリア・百日咳混合) 650バーツ(2,145円) 1回 650バーツ(2,145円)
MMR(麻疹・風疹・おたふく風邪混合) 350バーツ(1,155円) 1回 350バーツ(1,155円)
日本脳炎 460バーツ(1,518円) 1回 460バーツ(1,518円)
腸チフス 400バーツ(1,320円) 1回 400バーツ(1,320円)
黄熱病 1,200バーツ(3,960円) 1回 1,200バーツ(3,960円)
合計 7,560バーツ(24,948円)

 

なんと驚きの3万円以下!

僕は日本で10万円以上払ったのに、、、

日本とタイの予防接種代を比較すると?

 

ワクチン種類 日本 タイ 差額
狂犬病 24,000円 3,465円 20,535円
A型B型肝炎混合 39,000円 11,385円 27,615円
DPT(破傷風・ジフテリア・百日咳混合) 9,700円 2,145円 7,555円
MMR(麻疹・風疹・おたふく風邪混合) 12,000円 1,155円 10,885円
日本脳炎 6,500円 1,518円 4,982円
腸チフス 9,700円 1,320円 8,380円
黄熱病 12,000円 3,960円 8,040円
合計 112,900円 24,948円 87,992円

 

なんと差額は約9万円です!

LCCを使えば予防接種を受けるためだけにタイに行っても余裕でお釣りがきてしまうほどです。

なぜ日本のワクチンはこんなに高いんだ、、、orz

スネークファームで受けられる予防接種一覧

黄熱病や狂犬病、A型B型肝炎の予防接種を受ける日本人が多いですが、
この病院では以下の表の通り、その他にもこんなにたくさんの予防接種を受けることができます。

ウェブサイトで接種できるワクチン一覧を確認することができます(↓)

英語 日本語
Cholera (oral) コレラ(経口)
Diphtheria&Tetanus ジフテリア&破傷風
Diphtheria&Tetanus&Pertussis ジフテリア&破傷風&百日咳
Diphtheria&Tetanus&Pertussis&Polio ジフテリア&破傷風&百日咳&ポリオ
Hepatitis A A型肝炎
Hepatitis B B型肝炎
Hepatitis A/B A型B型肝炎混合
Human papillomavirus ヒトパピローマウイルス
Influenza インフルエンザ
Japanese Encephalitis (live) 日本脳炎(生)
Japanese Encephalitis 日本脳炎
Meningococcal 髄膜炎
Mumps,Measles,Rubella おたふく風邪、麻疹、風疹
Pneumococcal 肺炎球菌
Polio oral ポリオ(経口)
Rabies 狂犬病
Tetanus toxoid 破傷風トキソイド
Typhoid injection 腸チフス
Varicella 水痘
Yellow fever 黄熱病
PPD Test 結核菌テスト
Malaria chemoprophylaxis for travelers Mefloquine (once weekly) (抗マラリア剤)メフロキン
Doxycycline (daily dose) (抗マラリア剤)ドキシサイクリン

 

髄膜炎コレラなども旅行先によっては必要になると思いますので、必要に応じて接種してください。

ただし、
スネークファームでは、1日に最大4本までしかワクチンを打てません。

 

また、
狂犬病やA型B型肝炎混合ワクチンなど長期にわたって複数回打つ必要のあるものを
すべてスネークファームで打つためにはしっかりと接種スケジュールを把握して旅行プランを立てる必要があります。

自分の予定に合わせて、
あらかじめ日本で一回目だけ打っておいたり、
タイ以外の国で三回目を受けたり

などいろいろ策を考えてみるといいかもしれません。

 

ちなみに僕はミャンマーのヤンゴンでも予防接種を受けました。

タイのスネークファームと同じく、日本と比べると格安で受けられるのでおすすめです。

2018年10月から日本人はミャンマーにビザなしで入国できるのでミャンマー観光ついでに狂犬病ワクチンなど打ってみてもいいのでは?

[kanren postid=”2311,2311″]

 

おすすめメルマガ

オーストラリアへの語学留学を経てやっと足を踏み入れた国際協力業界は薄給の世界でした。

でも子供たちの笑顔に触れながら働く日々はとてもやりがいを感じられます。

 

給料やりがい

 

どちらを選べばいいのか、、、

両者の間で悩んだ僕は、最終的に世界中どこにいてもできるネットビジネスを始めました。

 

でも誰でも簡単に稼げるようになる

なんてことはなく、むしろ

ちゃんとビジネスの仕組みを勉強しないと誰もが失敗する世界です。

 

でも逆に言うと、

ちゃんと勉強すれば成功する世界でもあります。

 

そこで以下の無料メルマガでは、

知っていれば誰でも実現できる再現性のある方法

をまず紹介しています。

 

その方法で小さな成功体験を積んで、

勉強すれば誰でも会社に頼らずに稼ぐことができるということを体験してみてください。

 

>>>無料メルマガ登録はこちら<<<

追伸

僕の過去をより深く解説しているのが
下記レポートです。

これは

僕が親の敷いたレールに沿って
大企業に入るために生きてきたけど

初めての海外一人旅でぶっ飛んだ人々と出会い
自分の価値観をガラッと変えられたこと

そして
会社を辞めてミャンマーで暮らすようになってから
たった数ヶ月で月収100万円稼ぐようになった
青年実業家との出会ったこと

について詳しく書いています。

文量は多めですが、
魂を込めて書いたので
ぜひ読んでみてください ↓

大企業に入ったけど全然幸せじゃなかったレポート

おすすめブログ記事

旅先で出会った青年と3年後に運命の再会を果たして人生が激変した物語

やりたいことをするために、夢を叶えるために
独学でネットビジネスの世界に挑戦した僕は見事に失敗した。

自分には才能がないんだろうか
それとも運がないんだろうか

こんなことを真剣に考え、悩んでいた。

でもそのどっちでもなかった。

僕は3年前に旅先のインドで出会った青年と運命の出会いを果たし、その答えを教えてもらった。

もともと話すのがうまかったわけじゃない。
文章を書くのがうまかったわけじゃない。
まして起業した経験があったわけじゃない。

そんな僕でも自分で起業してビジネスをできるようになったのは
正しい知識を正しく学んだから。

そんな全くゼロの状態から起業できるようになるまでの僕の軌跡について以下の記事で公開しています ↓

旅先で出会った青年と3年後に運命の再会を果たして人生が激変した物語

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください