どうすれば会社にバレずに副業できるの?

昔の僕は、会社の就業規則に副業禁止と書いてあるから副業したいけどできない。

仮に副業をやってしまったら税金が何やらめんどくさいことになって絶対ばれるだろうと思っていました。

 

でも実際は会社にばれないように隠れて副業している人たちは数え切れないほどいます。

ということは、会社にばれずに副業をする方法はあるわけです。

 

会社勤めをしていた頃の僕がこの方法を知っていたら、、、

なんて思ってしまいますが、今更言ったところで仕方ありません(泣)

 

そこで今回は副業禁止の会社で働いているので副業を諦めている人、つまり昔の僕のような人向けにばれないように副業する方法を紹介していきます。

そもそもどうして副業はバレるの?

まず、会社に内緒でやっているはずの副業がどうしてバレてしまうのかについて考えてみます。

理由は大きく以下の3つに分類されます。

 

  1. うっかり自分から話してしまった
  2. 密告されてしまった
  3. 税金手続きでばれてしまった

 

他にも、急に金遣いが荒くなったなどあるかもしれませんが大きく分けると上の3つになります。

といっても1と2は徹底的に秘密にする、誰にも話さなければ解決する問題なので問題は3の税金手続きになります。

特に住民税が原因で会社に副業がばれることが多いです。

どうして住民税で副業がバレるの?

住民税とは、住んでいる地域の自治体が行政サービス(教育、公共バス、上下水道処理など)を行うために住民から徴収している税金です

当然これらの行政サービスにはお金がかかるのでその地域に住んでいる人たちは住民税を払う義務があります。

 

でもふと考えてみると、毎回直接払っている消費税と違って住民税はあまり払っている気がしません。

なぜなら住民税は会社が給料から自動的に天引きして本人に変わって自治体に納税しているからです。

(会社が天引きして払うシステムを「特別徴収」と言います)

そして住民税の納税額は給料が高い人ほど高くなります。

 

ここまでは別にふーん、そうなんだなくらいで流しておいてもいい話ですが、大事なのはここからです。

 

実は住民税は収入源の数にかかわらず、

すべての収入を合算した税額で本業の会社に通知されます。

 

例えば、本業の会社で年間400万円の収入があり、副業のアフィリエイトで50万円の収入がある場合、

住民税は合計の450万円に対して課税され、その金額が本業の会社(給料から天引きして住民税を払う会社)に通知されます。

つまり、同じ職位の従業員に同額の給料を払っているのに自治体から通知された住民税額がズレていれば何かおかしいとすぐに分かります。

なので、本業の会社以外にどこかからお金をもらっている(副業をしている)とバレてしまうわけです。

どうすれば住民税から副業がバレるのを防げるの?

まず前提として、どんな方法を使っても絶対に副業がバレないとは言い切れません。

ただ、バレる可能性を下げることができることはできます。

 

それが

住民税の納付方法を特別徴収から普通徴収に変える

という方法です。

 

特別徴収:給料から天引きし、会社が自治体に代理納税する

普通徴収:会社を通さずに自分で納税する

 

ということで、
住民税の納付方法を普通徴収にしておけば、会社に住民税額の通知はいきません。

同じ給料を払っているのに住民税の納付額が違うことによって副業がバレるので、そもそも住民税額の通知が会社に行かなければバレることはないわけです。

では具体的にどうやって普通徴収に変えるのか説明します。

どうやって普通徴収に変えるの?

実はやり方はとてもシンプルで、
確定申告書の2ページ目に用意された「住民税の納付方法」から「自分で納付(普通徴収)」を選ぶだけです。

ただしここにチェックを入れないと、「給与から天引き(特別徴収)」が自動的に選択されてしまいます。

なぜなら、地方税法に住民税の徴収方法は基本的に特別徴収とすると規定されているからです。

そして特別徴収になるとこれまで説明した通り、

副業の所得が合算された住民税の通知が会社に届き、経理担当者に副業をしていることがバレてしまいます。

同じ給料を支給している従業員たちの住民税額が違うのはおかしいですからね。

 

ただし、普通徴収を選択しても特別徴収されるケースもあるので注意が必要です。

 

普通徴収できないケースとは?

副業の所得がマイナスの場合

副業をした結果、赤字になってしまった場合は、本業の収入から副業の赤字を差し引いた額で住民税が計算されます。

つまり、住民税額が少なくなります。

 

ただしこのような赤字申告は、普通徴収できません。

なので会社からの給与所得から副業の赤字を引いた額に基づいて計算された住民税の通知が会社に届いてしまいます。

 

副業で大損しているならまだしも、小さな赤字程度なら申告しない方がいいでしょう。

住民税額がを減額できるのにあえてしないわけなので少し損をしますが、会社に副業していることがバレるよりはマシだと思います。

副業が給与所得(アルバイトなど)の場合

本業の会社以外にもう一つの会社に勤めたり、アルバイトをすると給与所得を得ることになります。

 

ただし、複数の給与所得がある場合、普通徴収はできません。

仮に普通所得を選んでも強制的に特別徴収に変更されてしまいます。

 

ただ、ブログやアフィリエイトの収入は事業所得もしくは雑所得に分類されることが多いのでこの件はあまり関係ありません。

自治体担当者のミスした場合

先に説明した通り、住民税の納付方法は原則的に特別徴収です。

たとえ普通徴収を選択していても、担当者のミスで特別徴収になってしまうことは十分に考えられます。

担当者も人間ですのでミスをすることはありますよね。

実際、担当者のミスで会社に通知が来てしまった人、副業がバレた人はいます。

 

そこで、自治体が住民税の事務処理を行う3〜4月頃に電話等で直接確認することをお勧めします。

最後に

所得税は国が管理していますが、住民税は自治体が管理しています。

つまり、 住んでいる地域ごとに運用ルールが異なります。

なので、会社に副業をばれないようにする一番確実な方法は自治体に直接出向いて方法を検討・確認することです。

 

自治体にとって最も大切なことは、

「正しい税額を納めてもらうこと」であって「副業を見つけること」ではありません。

 

そもそも厚生労働省が副業を推進しているので、自治体が副業をやめさせることはありません。

会社の就業規則で副業が禁止されていても、憲法及び法律で副業は認められています。

当然のことながら、憲法や法律は就業規則より優先されるので副業をしても何ら問題ありません。

ただ副業禁止の会社にバレると人間関係など面倒なことになるとは思うので、普通徴収を選択してリスクを抑えておきましょう。

[kanren postid=”2328,2328″]

[kanren postid=”2319,2319″]

 

おすすめメルマガ

オーストラリアへの語学留学を経てやっと足を踏み入れた国際協力業界は薄給の世界でした。

でも子供たちの笑顔に触れながら働く日々はとてもやりがいを感じられます。

 

給料やりがい

 

どちらを選べばいいのか、、、

両者の間で悩んだ僕は、最終的に世界中どこにいてもできるネットビジネスを始めました。

 

でも誰でも簡単に稼げるようになる

なんてことはなく、むしろ

ちゃんとビジネスの仕組みを勉強しないと誰もが失敗する世界です。

 

でも逆に言うと、

ちゃんと勉強すれば成功する世界でもあります。

 

そこで以下の無料メルマガでは、

知っていれば誰でも実現できる再現性のある方法

をまず紹介しています。

 

その方法で小さな成功体験を積んで、

勉強すれば誰でも会社に頼らずに稼ぐことができるということを体験してみてください。

 

>>>無料メルマガ登録はこちら<<<

追伸

僕の過去をより深く解説しているのが
下記レポートです。

これは

僕が親の敷いたレールに沿って
大企業に入るために生きてきたけど

初めての海外一人旅でぶっ飛んだ人々と出会い
自分の価値観をガラッと変えられたこと

そして
会社を辞めてミャンマーで暮らすようになってから
たった数ヶ月で月収100万円稼ぐようになった
青年実業家との出会ったこと

について詳しく書いています。

文量は多めですが、
魂を込めて書いたので
ぜひ読んでみてください ↓

大企業に入ったけど全然幸せじゃなかったレポート

おすすめブログ記事

旅先で出会った青年と3年後に運命の再会を果たして人生が激変した物語

やりたいことをするために、夢を叶えるために
独学でネットビジネスの世界に挑戦した僕は見事に失敗した。

自分には才能がないんだろうか
それとも運がないんだろうか

こんなことを真剣に考え、悩んでいた。

でもそのどっちでもなかった。

僕は3年前に旅先のインドで出会った青年と運命の出会いを果たし、その答えを教えてもらった。

もともと話すのがうまかったわけじゃない。
文章を書くのがうまかったわけじゃない。
まして起業した経験があったわけじゃない。

そんな僕でも自分で起業してビジネスをできるようになったのは
正しい知識を正しく学んだから。

そんな全くゼロの状態から起業できるようになるまでの僕の軌跡について以下の記事で公開しています ↓

旅先で出会った青年と3年後に運命の再会を果たして人生が激変した物語

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください