就業規則で禁止されているから会社員は副業できないと勘違いしていた話

今回は、昔の僕がしていた大きな勘違いについて共有します。

 

その勘違いとは、、、

会社員は副業をしてはいけない

です。

 

僕は入った会社の就業規則には「副業禁止」と明確に書かれていました。

一つの会社で定年まで勤め上げるのが美徳とされている日本では多くの会社が就業規則で副業を禁止しています。

 

他のことにうつつをぬかさずに一つの会社で必死に働け

 

ということなんだと思いますが、はっきり言ってしまえば時代の流れと逆行しています。

国際化が進んで日本国内の景気は低迷しているので以前のように給料は上がりません。

そして僕らのような若い世代はきっと年金ももらえません。

だから会社に頼らずに自分の食い扶持を自分で作るために副業は絶対にやったほうがいいです。

 

でもそれを就業規則が邪魔している。

 

僕は副業をやりたかったのに就業規則の魔の手にはまり退職するまで何もしていませんでした。

しかし退職してから、副業を禁止する就業規則には全く法的拘束力がないことを知りました。

 

つまり、

本当は会社員は副業やり放題なんです。

 

そこで今回はその理由について詳しく解説していきます。

どうして会社員は自由に副業できるの?

1、就業規則は就業時間に適用される規則だから

就業規則はその名の通り、就業中に適用される規則です。

つまり、定時以降のプライベート時間の行動について就業規則で制限することはできません。

ただし、会社の信用を貶めるような反社会的な行為をした場合などは損害賠償を請求されたり、解雇されたりするのでその点は気をつけてください。

まあ普通に生活している分には問題ありません。

2、憲法で職業選択の自由が保障されているから

また、日本国民は憲法で職業選択の自由を保障されています。

会社員になろうが、個人経営の店舗を営もうが、公務員になろうが、すべて自由というわけです。

 

そして定時以降は自由に使えるプライベートな時間なので、その時間にどんなこと、どんな仕事をしてもいいんです。

 

ただし、公務員は公務員法という法律で副業が禁止されているので複数の営利目的の仕事を掛け持ちすることはできません。

しかし民間企業に勤めるサラリーマンであれば、副業しても法的には何ら問題ありません。

就業規則の副業禁止規定は何のためにあるのか?

でもそうなると、

  • 就業規則の副業禁止規定は何のためにあるのか?
  • 全く意味のない規定ということ?

と思う人もいると思います。

しかし、副業禁止規定にもちゃんと意味があります。

 

それは、

本業に悪影響を与える副業をしてはいけません

ということです。

 

例えば、

  • 退社してから毎日コンビニの深夜アルバイトをしているので昼間は眠くて本業に支障をきたす
  • 同業他社と掛け持ちで働き、情報漏洩の危険がある
  • 本業で得た人脈や顧客リストを利用して副業を行う

など、

会社の社会的信用を損ねたり、会社に金銭的なダメージを与えたり、業務に集中できない状態になったり

そういう本業に悪影響を与えるような副業を就業規則で禁止しています。

 

つまり逆に言うと、

本業に悪影響を与えない副業なら自由にやっていいんです。

 

例えば、ブログを使ったアフィリエイトなら空き時間に記事を書くだけなので疲れないし、日中に眠くなりません。

本業の社会的信用を落とすような悪質な記事を書かない限り、悪影響を与えることもないです。

アフィリエイトは最終的には、飲み会に参加したり、旅行に出かけたり、

つまり何もしなくても収入が発生するようになるので本業への悪影響なんて一切出ません。

一口に副業といっても色々と種類があるので、本業との兼ね合いで問題のないものを選んでください。

最後に

以前の僕は、

「就業規則で禁止されているから副業はできない」

と盲目的に信じ込み、何も行動を起こせませんでした。

 

でも規則が絶対に正しいとは限りません。

ちゃんと調べてみると、そのルール自体が間違っていることもあります。

 

規則で決まっているから、周りの人がこうしているからと、思考停止せずに自分で考えて行動していってください。

 

実は税金の仕組みについて勉強し、ちゃんと確定申告すれば会社にバレないように副業することもできるんです。

[kanren postid=”2322,2322″]

[kanren postid=”2319,2319″]

 

おすすめメルマガ

オーストラリアへの語学留学を経てやっと足を踏み入れた国際協力業界は薄給の世界でした。

でも子供たちの笑顔に触れながら働く日々はとてもやりがいを感じられます。

 

給料やりがい

 

どちらを選べばいいのか、、、

両者の間で悩んだ僕は、最終的に世界中どこにいてもできるネットビジネスを始めました。

 

でも誰でも簡単に稼げるようになる

なんてことはなく、むしろ

ちゃんとビジネスの仕組みを勉強しないと誰もが失敗する世界です。

 

でも逆に言うと、

ちゃんと勉強すれば成功する世界でもあります。

 

そこで以下の無料メルマガでは、

知っていれば誰でも実現できる再現性のある方法

をまず紹介しています。

 

その方法で小さな成功体験を積んで、

勉強すれば誰でも会社に頼らずに稼ぐことができるということを体験してみてください。

 

>>>無料メルマガ登録はこちら<<<

追伸

僕の過去をより深く解説しているのが
下記レポートです。

これは

僕が親の敷いたレールに沿って
大企業に入るために生きてきたけど

初めての海外一人旅でぶっ飛んだ人々と出会い
自分の価値観をガラッと変えられたこと

そして
会社を辞めてミャンマーで暮らすようになってから
たった数ヶ月で月収100万円稼ぐようになった
青年実業家との出会ったこと

について詳しく書いています。

文量は多めですが、
魂を込めて書いたので
ぜひ読んでみてください ↓

大企業に入ったけど全然幸せじゃなかったレポート

おすすめブログ記事

旅先で出会った青年と3年後に運命の再会を果たして人生が激変した物語

やりたいことをするために、夢を叶えるために
独学でネットビジネスの世界に挑戦した僕は見事に失敗した。

自分には才能がないんだろうか
それとも運がないんだろうか

こんなことを真剣に考え、悩んでいた。

でもそのどっちでもなかった。

僕は3年前に旅先のインドで出会った青年と運命の出会いを果たし、その答えを教えてもらった。

もともと話すのがうまかったわけじゃない。
文章を書くのがうまかったわけじゃない。
まして起業した経験があったわけじゃない。

そんな僕でも自分で起業してビジネスをできるようになったのは
正しい知識を正しく学んだから。

そんな全くゼロの状態から起業できるようになるまでの僕の軌跡について以下の記事で公開しています ↓

旅先で出会った青年と3年後に運命の再会を果たして人生が激変した物語

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください