【ワードプレス初心者向け】最初に入れておくべき無料プラグイン10選

こんにちは、くろシロです。

 

今回はワードプレスを始めたばかりの人向けに、

まず始めに入れておいてほしい便利な無料プラグインを10個に厳選して紹介します。

 

ワードプレスには数え切れないほどの無料プラグインが準備されていて自分の好きなようにカスタマイズできますが、数が多すぎてどれをインストールしたらいいのか全然わかりません。

プラグインを入れすぎるとサイトが重くなって表示されるまでに時間がかかったり、プラグイン同士が影響しあい誤作動を起こすこともあります。

なのでプラグインの数はできるだけ少なくした方がいいのですが、今回紹介する10個はすべて入れても問題ないものなので安心してください。

そもそもプラグインって何?

プラグインは、ワードプレスを自分好みにカスタマイズするために使える便利なツールです。

プラグインをインストールすると例えばこんなことができます。

 

  • 記事に目次を付ける
  • 文字の色や大きさを変える
  • 記事に表を入れる
  • ブログのバックアップを取っておいて万が一データが壊れた時に復元する

 

他にもいろいろできることがありますが、挙げ始めるとキリがないのでこのくらいにしておきます。

でも逆に言うと、プラグインを入れないと文字の色を変えることもできないわけです。

(正確に言うと、HTMLやCSSの知識があればプラグインなしでもできますが素人には無理なのでプラグインを使うのが一般的です)

ということで、ワードプレスを始めたらプラグインを入れる必要があります。

でも前述の通り、プラグインの入れすぎは禁物です。

まずは今回紹介する10個だけインストールし、記事を更新していく中でどうしても必要な場合はプラグインを追加していきましょう。

プラグインのインストール方法

ワードプレスの管理画面に入り、

左側にある「プラグイン」をクリックします。

 

上にある「新規追加」をクリックします。

 

インストールしたいプラグインの名前を検索し、

出てきたら「今すぐインストール」をクリックします。

 

インストールが終わったら、「有効化」をクリックします。

(インストールしても有効化しないと何も変わりません。使いたいプラグインは必ず有効化してください。)

 

有効化するだけで終わりのプラグインの場合は、これで終わりです。

有効化の後に設定が必要なものは、それぞれ設定をしていきます。

オススメのプラグイン10選

数あるプラグインの中でも特にオススメの10個です。

記事を効率良く書いたり、サイトの表示速度を上げたり、バックアップを取ったり

とりあえず以下の10個のプラグインを入れておけばとりあえずOKです。

  1. EWWW Image Optimizer
  2. Table of Contents Plus
  3. TinyMCE Advanced
  4. WebSub/PubSubHubbub
  5. AddQuicktag
  6. Contact Form 7
  7. PS Auto Sitemap
  8. All In One SEO Pack
  9. Jetpack by WordPress.com
  10. UpdraftPlus – Backup/Restore
有効化後の設定について
1〜4はインストール+有効化するだけで機能します。
5〜10は有効化してから設定する必要があります。設定方法については記事の後半で書いています。

それでは以下、それぞれのプラグインの役割と補足説明をしていきます。

画像圧縮はお任せ「EWWW Image Optimizer」

ワードプレスにアップロードした画像のサイズを自動的に圧縮してくれるプラグインです。

(EWWW Image Optimizer Cloudではなく、EWWW Image Optimizerをインストールしてください。)

 

例えば、iPhoneやデジカメで撮った画像は、だいたい1枚で3MB以上の大きさがあります。

でもブログに表示させる写真の大きさは50KB〜300KBくらいで十分です。

つまり携帯電話で撮った写真などをそのままブログにアップすると、圧縮処理をしたサイトよりも10倍以上重くなって表示速度がガクッと落ちます。

想像してもらうとよくわかると思いますが、見ようと思ったサイトが重くてロードが終わらなかったらすぐ次のサイトに移るはずです。

せっかく書いた記事が表示速度が遅いばかりに読まれないのはもったいないので、絶対に画像は圧縮してからワードプレスにアップロードしてください。

おすすめは、縮専(windows)やプレビュー(Mac)で、640×480または800×600くらいに圧縮してからワードプレスにアップロードしてEWWW Image Optimizerでさらに圧縮する方法です。

 

EWWW Image Optimizerは有効化するだけで使えますが、以下のようなメッセージが出ることがあります。

その場合は「許可しない」をクリックしてください。

記事に自動的に目次を付ける「Table of Contents Plus」

このプラグインを入れると記事の先頭に自動で目次が挿入されます。

目次はh1やh2などの見出しタグを読み取って階層上に作られ、また目次をクリックすると該当部分までスクロールされる優れものです。

この記事の先頭に入っている以下の目次もこのプラグインで作られています。

有効化するだけで使えるので初心者にも優しい設計です。

Table of Contents PlusとEasy Table of Contentsの違い
Table of Contents Plusと似たプラグインにEasy Table of Contentsがあります。
基本的にどちらも同じ機能なのでどちらか一つを入れてください。
ちなみにTable of Contents Plusは2016年以降更新されていませんが、Easy Table of Contentsは現在も更新されています。

記事を装飾したいなら「TinyMCE Advanced」

文字の大きさや色を変えたり、表を作ったりできるようになるプラグインです。

インストール後に有効化するだけで使えます。

 

ワードプレスのビジュアル画面にもともと用意されているコマンドはこれだけです(↓)

 

有効化すると、以下のようにコマンドが増えます。

 

すると、

格子状のアイコンにカーソルを合わせて表を入れたり(↓)

A B C

 

Aのアイコンにカーソルを合わせて文字の色を変えたり、

 

数字のアイコンにカーソルを合わせて文字の大きさを変えたりできます。

より早く記事を検索結果に表示させる「WebSub/PubSubHubbub」

ワードプレスで書いた記事がインデックスされやすくなるプラグインです。

 

実はワードプレスで記事を書いてもグーグルの検索結果に表示される(インデックスされる)までにはある程度の時間がかかります。

このプラグインはそれを早めてくれます。

有効化するだけで使えるので是非インストールしておきましょう。

記事作成の効率を上げる「AddQuicktag」

HTMLの知識がなくても数々の特殊な装飾をできるようにするプラグインです。

 

例えば以下のように

枠を作ったり、リンク付きのボタンを設置したり、関連記事へのリンクを作ったりできます。

 

注意を喚起する枠
注目してほしい事項はこの中に入れると分かりやすいです。
黄色や白色など他にも様々な色に変更することもできます。

誰でも簡単にブログを開設できるように解説しました

2018.09.29

 

ワードプレスのテキストエディタ画面にもともと用意されているコマンドはこれだけです(↓)

 

しかし、有効化後に設定をすると以下のように大量のコマンドを1クリックで使えるようになります。

設定方法についてはこちらの記事で詳しく解説されています。

サイトにお問い合わせフォームを設置できる「Contact Form 7」

サイト訪問者が管理者に問い合わせできるようにお問い合わせフォームを作れるプラグインです。

読者の質問に答えてサイトのクオリティを上げたり、お問い合わせフォーム経由で仕事の依頼が来たりと、お問い合わせフォームはサイトに是非作っておきたいページです。

また、サイト収益化のためにグーグルアドセンスを申請する場合、後述するサイトマップとお問い合わせフォームがあると審査に受かりやすくなると言われています。

Contact Form 7を利用した問い合わせフォームの設置方法はこちらの記事で詳しく解説されています。

 

ちなみにこのプラグインを使って作った当サイトのお問い合わせフォームはこちらです。

(特に特別な編集はしていないシンプルバージョンです)

簡単・自動でサイトマップを作れる「PS Auto Sitemap」

一度設定するだけで自動的にサイトマップを作ってくれるプラグインです。

 

記事数が増えてくると、どのカテゴリにどんな記事があるのか分からなくなります。

そこで読者が一目でサイト全体を見渡せるようにサイトマップを作っておく必要があります。

また、サイトマップがあるとグーグルにインデックスされやすくなったり、前述の通りグーグルアドセンスの審査に受かりやすくなったりします。

サイトマップの作り方についてはこちらの記事で詳しく解説されています。

 

ちなみに当サイトのサイトマップはこちらです。

 ひとまずこれを入れておけば大体できる万能プラグイン「All In One SEO Pack」

ワードプレスワーザーの大半が入れている万能プラグインです。

名前の通り、これ一つでSEO(サーチエンジン最適化)に関するあらゆることができてしまいます。

有効化後に細かい設定があるのでそちらも忘れずにやっておきましょう。

本当にたくさんのことができてしまうので設定できる項目は多岐にわたりますが、こちらの記事で基本的な部分のみに絞って解説されているのでまずはそれを見て基本設定だけしてみてください。

サイトマップとXMLサイトマップの違い
前述のPS Auto Sitemapは読者のために設置するサイトマップでサイト上に見えるように設置するものです。
一方で、XMLサイトマップはグーグルのクローラー(インデックスするためにロボット)用に作るサイト上では見えないものです。
このように役割が違うので、PS Auto SitemapとAll in One SEO Packどちらも使って両方作ってください。

ワードプレス公式の多機能プラグイン「Jetpack by WordPress.com」

こちらはワードプレス自らが提供している数少ない公式プラグインの一つです。

これ一つでできることがぐっと増えるのでまずは入れておきましょう。

設定方法はこちらの記事で詳しく解説されています。

Jetpack設定時の注意点
Jetpack設定時にエラーが出る場合は、XML-RPC APIまたはREST APIが原因になっている場合が多いです。そこで設定を始める前に、どちらもアクセスできるように一時的に制限を解除しておいてください。無事に設定が終わったらどちらも再び制限をOnに戻すのを忘れないでください。

エックスサーバーの場合の制限解除方法は以下の通りです。

ホーム下部の「Wordpressセキュリティ設定」をクリック

対象のドメインを選択する

XML-RPC APIとREST APIのアクセス制限をどちらもOFFにする

万が一に備えてサイトのバックアップを取る「UpdraftPlus – Backup/Restore」

ネット上のサイトは常に不正アクセスの危険にさらされています。

実は僕も一度サイトを攻撃されてデータが壊れた経験があります(泣)

 

バックアップを取っていないとそう言った不測の事態が発生した場合に対応できません。

何時間もかけて書いた記事が水の泡になるのは精神的にも金銭的にも大ダメージなので、絶対にサイトのバックアップは取っておきましょう。

このプラグインを使えば自動的にバックアップを取ることができ、復旧も簡単にできます。

一度設定するだけでいいので、こちらの記事を確認してなら設定してみてください。

(保存先は任意ですが、僕はもともと持っていたgmailアカウントを使ってgoogledriveに保存しています。)

 

以上、ワードプレスを快適に使うためのおすすめプラグイン10選でした。

どれも無料で使える超便利プラグインなので、ぜひ使ってみてください。

最初からインストールされているプラグインはどうすればいいの?

ワードプレスをインストールすると初期設定で以下の4つのプラグインがインストールされています。

 

  1. Akismet Anti-Spam(アンチスパム)
  2. Hello Dolly
  3. TypeSquare Webfonts for エックスサーバー
  4. WP Multibyte Patch

(3はエックスサーバーを契約した人のみ初期インストールされています)

 

そしてこれらをどうすればいいのか悩む人が多いと思います。

かくいう僕もどうしたらいいのかわからず困っていました(笑)

 

結論から言うと、AkismetとWP Multibyteの2つを有効化し、残りの2つはいらないので削除してください。

 

いらない2つの名前の下に書いたる「削除」をクリックして消します。

 

Akismetは有効化してから少し設定が必要なのでこちらの記事を参考にしてください。

WP Multibyteは有効化するだけで使えます。

まとめ

最後に今回の内容をまとめておきます。

ワードプレスをインストールしたらまず入れて欲しいプラグイン10選はこちら

  1. EWWW Image Optimizer
  2. Table of Contents Plus
  3. TinyMCE Advanced
  4. WebSub/PubSubHubbub
  5. AddQuicktag
  6. Contact Form 7
  7. PS Auto Sitemap
  8. All In One SEO Pack
  9. Jetpack by WordPress.com
  10. UpdraftPlus – Backup/Restore

 

そして初期状態でインストールされている4つのプラグインは、

AkismetとWP Multibyteを有効化し、残りの2つは削除してください。

 

この設定を最初にやっておくと、スタートダッシュをかけることができます。

 

そしてある程度記事を書いてブログの更新に慣れてきたら、グーグルアドセンスに申請したり、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)に無料登録して広告を載せてみたり、ブログを収益化する方法を試していきましょう。

 

おすすめのASPと登録方法は以下の記事で紹介しています。

アフィリエイトをする際に最初に必要なサービス・ツール紹介

2018.09.19

 

おすすめメルマガ

オーストラリアへの語学留学を経てやっと足を踏み入れた国際協力業界は薄給の世界でした。

でも子供たちの笑顔に触れながら働く日々はとてもやりがいを感じられます。

 

給料やりがい

 

どちらを選べばいいのか、、、

両者の間で悩んだ僕は、最終的に世界中どこにいてもできるネットビジネスを始めました。

 

でも誰でも簡単に稼げるようになる

なんてことはなく、むしろ

ちゃんとビジネスの仕組みを勉強しないと誰もが失敗する世界です。

 

でも逆に言うと、

ちゃんと勉強すれば成功する世界でもあります。

 

そこで以下の無料メルマガでは、

知っていれば誰でも実現できる再現性のある方法

をまず紹介しています。

 

その方法で小さな成功体験を積んで、

勉強すれば誰でも会社に頼らずに稼ぐことができるということを体験してみてください。

 

>>>無料メルマガ登録はこちら<<<

追伸

僕の過去をより深く解説しているのが
下記レポートです。

これは

僕が親の敷いたレールに沿って
大企業に入るために生きてきたけど

初めての海外一人旅でぶっ飛んだ人々と出会い
自分の価値観をガラッと変えられたこと

そして
会社を辞めてミャンマーで暮らすようになってから
たった数ヶ月で月収100万円稼ぐようになった
青年実業家との出会ったこと

について詳しく書いています。

文量は多めですが、
魂を込めて書いたので
ぜひ読んでみてください ↓

大企業に入ったけど全然幸せじゃなかったレポート

おすすめブログ記事

旅先で出会った青年と3年後に運命の再会を果たして人生が激変した物語

やりたいことをするために、夢を叶えるために
独学でネットビジネスの世界に挑戦した僕は見事に失敗した。

自分には才能がないんだろうか
それとも運がないんだろうか

こんなことを真剣に考え、悩んでいた。

でもそのどっちでもなかった。

僕は3年前に旅先のインドで出会った青年と運命の出会いを果たし、その答えを教えてもらった。

もともと話すのがうまかったわけじゃない。
文章を書くのがうまかったわけじゃない。
まして起業した経験があったわけじゃない。

そんな僕でも自分で起業してビジネスをできるようになったのは
正しい知識を正しく学んだから。

そんな全くゼロの状態から起業できるようになるまでの僕の軌跡について以下の記事で公開しています ↓

旅先で出会った青年と3年後に運命の再会を果たして人生が激変した物語

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください