なぜミャンマーは日本人に対して観光ビザ取得を免除したのか?

こんにちは、くろシロです。

 

今回はミャンマーのビザに関する話です。

僕がミャンマーに入国したときは、日本人はどんな目的であっても絶対に入国ビザを取る必要がありました。

で、ビザ用の写真は背景が白じゃないといけないとか色々細かい規定があってめんどくさかったです。

僕は地元にあった証明写真機は全て背景が青になってしまうやつだったんでわざわざ東京まで取りに行ったんですよ(笑)

 

そんなめんどくさいミャンマーのビザ申請ですが、現在はやる必要がありません。

なぜか2018年10月から日本人と韓国人に対する観光ビザが突然免除されたからです。

 

よっしゃー。ラッキー。

もうめんどくさいことやらなくていいや。

って思いつつも

どうして日本人と韓国人だけ免除されるんだろう?

ってずっと不思議に思っていました。

そこで今回、その理由を調べたので記事にしておきますね。

入国ビザが免除される条件

理由について話す前に、ビザの免除条件を書いておきます。

(免除されるビザは観光ビザだけなので、観光以外の目的で来る場合はビザの申請が必要です。)

期間 2018年10月1日〜2019年9月30日
旅券の残存期間 入国時6ヶ月以上
旅券の未使用査証欄 入国時2ページ以上
入国可能な空港 ヤンゴン空港、マンダレー空港、ネピドー空港
入国可能な港 ヤンゴン港
入国可能な国境 ミャワディ、タチレク、コータウン
滞在可能日数 30日まで(延長不可)
その他の条件 30日以内に出国する航空券

色々条件を書きましたが、

・30日を超える滞在はできないこと
・30日以内に別の国へ出ていくことを証明できるよう準備しておくこと

この2点を押さえておけばいいと思います。

 

ちなみに30日を超えるとどうなるかというと、、、

超過日数に応じて罰金を取られます。

 

ただし、これはあくまで救済措置なのでおそらく1週間くらいが限度だと思います。

うっかり1ヶ月も長く滞在しちゃったー(笑)

なんてことには普通はならないので、そんなことをすれば故意だとバレます。

罰金では済まないかもしれません。

 

どうしてミャンマーは日本人のビザを免除したのか?

ミャンマーが日本人と韓国人に対するビザを免除した理由はおそらく以下の2つです。

1、欧米からの観光客が減少している

2、外貨を獲得したい

欧米からの観光客が減少している

ミャンマーには130を超える少数民族が住んでいると言われています。

インレー湖のあるシャン州には首長族が住んでいます

しかしミャンマー政府はその130を超える民族からイスラム系の少数民族「ロヒンギャ」を除外しています。

つまり、ミャンマーの国民として公式に認めていません。

ミャンマー政府は彼らをバングラデシュから流れたきた「ベンガル人」と呼んでいます。

 

で、ミャンマー政府は国際社会からロヒンギャを虐殺した疑いをかけられています。

 

本当のことは分かりませんが、少なくとも欧米人はそう考えています。

そういったネガティブな印象があるので、近年、欧米系観光客の数はどんどん減っているのです。

 

欧米以外の国から外貨を獲得したい

でもロヒンギャ問題によって欧米系の観光客が減ってしまうと困るのはミャンマーです。

なぜなら発展途上のミャンマーはあらゆる面でお金が必要だからです。

どんどん観光客に来てもらってお金を落としてもらわないと困ってしまいます。

そこで、ミャンマー政府は思いつきました。

 

欧米がダメならアジアから呼べばいいじゃないか!

 

いろいろ込み入った事情はあるかもしれませんが、単純化すると
お金が欲しいミャンマーが呼べば来てくれそうな日本に声をかけただけなんです(笑)

でもそうなると一つ疑問が残ります。

外貨を獲得したいなら全ての国に対してビザを免除すればいいのでは?

外国人にたくさんミャンマーに来て欲しいなら世界中の国のビザを免除すればいいと思いませんか?

ビザ手続きや費用は結構ハードルになっているので、それが無くなれば絶対に観光客は増えます。

でもミャンマー政府は日本と韓国だけにビザの免除をしました。

 

その理由は、管理しきれないからだと思います。

 

実はミャンマーはビザの免除をしていない頃から中国などからの不法入国と不法就労に悩まされてきました。

ビザを免除していないのにその有様なので、もし免除してしまったらおそらくミャンマー国内は大混乱になります(泣)

なので、ミャンマー政府はビザを免除する範囲を慎重に選んでいるようです。

実際、日本と韓国は観光ビザが免除になったのに中国は免除になりませんでした。

お金を欲しいだけなら人口の多い中国のビザを免除するのが一番効果的ですが、デメリットの方が大きいと判断したようですね。

 

日本人→ミャンマーはビザなしだけど、ミャンマー人→日本はビザが必要

ミャンマーが日本人に対する観光ビザを免除したおかげで、日本はパスポートランキング世界1位になりました。

2018年12月時点で、日本人は190か国にビザなしで渡航できます。

しかし、ミャンマーは48カ国しかビザなしで渡航できません。

それにミャンマー人は日本に来る際にビザを申請しなければいけません。

 

どうしてそんな不公平なことになるかというと、ビザの免除の方法が2種類あるからです。

1、お互いにビザを免除する(相互免除)

2、片方だけがビザを免除する(一方的な免除)

で、日本とミャンマーの場合は、2の一方的な免除になっています。

 

それだと日本人ばかり得をするように思うかもしれないけど、実はそうじゃないんです。

というのも、ミャンマーは日本人にたくさん来てもらってお金を使ってもらえるのでメリットがあります。

でも日本はミャンマー人に対してビザを免除すると不法就労のリスクが高い。

だから日本人はミャンマーに行ってもいいけど、ミャンマー人は日本には来ないでねっていう状態が出来上がります。

確かに国レベルで考えたらお互いにメリットがあるのかもしれないけど、個人レベルでみたら超不平等だなあって思いますねー。

 

日本はこのままだとやばいのでは?

ミャンマー以外にもたくさんの国が日本に対して一方的なビザの免除措置を認めています。

だから日本はパスポートランキング世界1位になったんですが、日本人はその権利をあまり使っていません。

その証拠に、外務省の統計によると日本人のパスポート保有率は約25%しかないです。

つまり身の回りにいる日本人の4人中3人は外国に行ったことがない。

嘘だろ!
って思うかもしれないけど、これは本当の話です。

僕は1年のほとんどを海外で過ごしているから正直海外に出ない生活なんて考えられません(笑)

 

でもなんで日本人は海外に出ないんだろうか?

その理由を考えてみるとたぶん

英語を話せないから
・海外に出る必要がないと思っているから

この二つが答えだと思います。

 

日本は先進国ですが、びっくりするくらい英語が話せません。

実際、京都府の中学校の英語教師がトイックを受けたら280点しか取れなかったなんてニュースもあるくらいですからね。

280点って勘で書いても取れる点数ですよ(泣)

先生が英語を話せないんだから生徒に教えられるわけがないですよね。

でもまあ英語力は個人の努力でなんとでもなるのでそこはまあ置いておきます。

 

僕は日本人が海外に出る必要がないと勘違いしている方が大問題だと思います。

(これはあくまで僕の主観ですが、わざわざ日本を出る必要がないと思っている人は多い印象です)

なぜならこれからの日本は海外に目を向けないとどんどん衰退していく運命だからです。

僕は以前、大手の鉄鋼会社で働いていましたが、近年の業績は下降気味でした。

中国を初めとする外国企業がそれまで日本の専売特許だった領域に進出してきたからです。

そして同じような状況はあらゆる産業で起こっています。

東芝やパナソニックなどの家電業界も中国企業に押されているし、
イオンなどの小売業界はアマゾンにボコボコにされています。

それに日本国内の需要を外国企業に取られていることに加えて、人口減少でそもそも日本全体の需要も減少しています。

こんな状態で、日本企業が勝とうと思ったら

・人件費の安い海外で作って日本に輸入するか
・人件費の安い人材を日本に連れてきて日本国内で作るか
・製造ラインを機械化してそもそも人材を必要なくすか

この3つのどれかになると思います。

でもそのどれを取っても日本国内の日本人向けの雇用は減ります。

特にライン作業やレジ打ち、データ入力のような単純作業は真っ先になくなるはずです。

そんな未来が確実に来るのに外国に目を向ける必要はないと思っている状態はかなりまずいなあーと思うわけです。

せっかく世界で一番恵まれたパスポートを持っているんだから積極的に使った方がいいですよね。

英語が話せないとか今まで日本を出たことがないから怖いとか
そういう不安があるかもしれませんが、一度出てしまうと二回目以降はすんなりいきます。

まずは台湾や韓国など近場の国行って、最初の一歩を踏み出してみるのがおすすめですよ。

で、できればビザが免除されている間にミャンマーにも来てみてください(笑)

 

おすすめメルマガ

オーストラリアへの語学留学を経てやっと足を踏み入れた国際協力業界は薄給の世界でした。

でも子供たちの笑顔に触れながら働く日々はとてもやりがいを感じられます。

 

給料やりがい

 

どちらを選べばいいのか、、、

両者の間で悩んだ僕は、最終的に世界中どこにいてもできるネットビジネスを始めました。

 

でも誰でも簡単に稼げるようになる

なんてことはなく、むしろ

ちゃんとビジネスの仕組みを勉強しないと誰もが失敗する世界です。

 

でも逆に言うと、

ちゃんと勉強すれば成功する世界でもあります。

 

そこで以下の無料メルマガでは、

知っていれば誰でも実現できる再現性のある方法

をまず紹介しています。

 

その方法で小さな成功体験を積んで、

勉強すれば誰でも会社に頼らずに稼ぐことができるということを体験してみてください。

 

>>>無料メルマガ登録はこちら<<<

追伸

僕の過去をより深く解説しているのが
下記レポートです。

これは

僕が親の敷いたレールに沿って
大企業に入るために生きてきたけど

初めての海外一人旅でぶっ飛んだ人々と出会い
自分の価値観をガラッと変えられたこと

そして
会社を辞めてミャンマーで暮らすようになってから
たった数ヶ月で月収100万円稼ぐようになった
青年実業家との出会ったこと

について詳しく書いています。

文量は多めですが、
魂を込めて書いたので
ぜひ読んでみてください ↓

大企業に入ったけど全然幸せじゃなかったレポート

おすすめブログ記事

旅先で出会った青年と3年後に運命の再会を果たして人生が激変した物語

やりたいことをするために、夢を叶えるために
独学でネットビジネスの世界に挑戦した僕は見事に失敗した。

自分には才能がないんだろうか
それとも運がないんだろうか

こんなことを真剣に考え、悩んでいた。

でもそのどっちでもなかった。

僕は3年前に旅先のインドで出会った青年と運命の出会いを果たし、その答えを教えてもらった。

もともと話すのがうまかったわけじゃない。
文章を書くのがうまかったわけじゃない。
まして起業した経験があったわけじゃない。

そんな僕でも自分で起業してビジネスをできるようになったのは
正しい知識を正しく学んだから。

そんな全くゼロの状態から起業できるようになるまでの僕の軌跡について以下の記事で公開しています ↓

旅先で出会った青年と3年後に運命の再会を果たして人生が激変した物語

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください